ミュンヘン日本人会JAPAN CLUB MÜNCHEN e.V.

+49(0)89 220097 / FAX: +49(0)89 2285935

事務局OPEN : 10:00 - 15:00 (月) / 13:00 - 18:00 (水)

photo image: taetigkeit_fuer_individuum

お知らせ

2017年11月4日(土)『音楽療法〜自分の声をもっと好きになる!』のご案内

2017/09/10

みなさん、音楽療法ってご存知ですか?「音をとおして自分の内面と向き合う」ために、音楽療法士さんが寄り添ってくれるセラピーを意味します。晩秋の週末、「自分の声」をもっと好きになるために、ミュンヘン日本人会主催の体験型セミナーに参加してみませんか。

 

<開催要項>

日時:2017年11月04日(土)13:30 開場、14:00 開演

会場:ミュンヘン日本人国際学校 音楽室 Bleyerstr. 4, 81371 München

入場料:会員 無料、非会員(法人会員家族も含む ) 20€

お申し込み・お問い合わせ:ミュンヘン日本人会

kaiho_jcm@mnet-online.de (TEL: 089-220097)

 

講師のプロフィール

鎌田菜美。1974年兵庫県西宮市生まれ。4歳からピアノを習う。幼い頃から歌うことが好きで、15歳で本格的に声楽を勉強し始めるかたわら、高校ではロックバンドでドラムを担当。国立音楽大学声楽科に進学後は主にドイツ歌曲を学び、卒業後の1998年に渡独。短期留学のはずが、一転して進路変更、ミュンスター大学で以前より興味のあった音楽療法を学ぶ。ディプロマ取得後ミュンヘンに移り、2003年より現在までミュンヘン近郊のヴァッサーブルグにあるInn-Salzach-Klinikumで音楽療法士として勤務。2006年にはミュンヘン在住の日本人ミュージシャン宮嶋光喜とウクレレデュオ「coconami」を結成、現在までに4枚のCDをリリースしており、ドイツ国内外での演奏活動をはじめ、映画音楽や舞台音楽も手がけ、高い評価を得ている。

また、2016年3月に公開されたDoris Dörrie監督の映画「Grüße aus Fukushima」では女優としてのデビューも果たしている。

2016年秋より、ミュンヘン在住のチェリスト今田やよいとデュオ「Vocellouke」を結成し、演奏の場を広げている。


page top